チヌを釣る方法は餌釣りとチニングがあります

チヌを釣る方法は餌釣りとチニングがあります

父親の影響で小学生の頃から釣りを始めました。始めは投げ釣りで、キスなんかを釣っていたのですが、父親に教えてもらいうき釣りを始めました。はりの結び方、撒き餌の作り方、どういった場所がいいか等々、時にうるさいくらいでしたが、きちんと基本を教えてもらいその内に友達を誘い釣りに行く日々でした。

幸い海が近いこともあったので、週末は朝早くから行っていました。狙う魚はクロダイ。私の住んでいる所ではチヌといいますが。撒き餌をまき、狙いをつけ糸を垂らす、魚との駆け引きです。全く釣れない時もあり、釣れても狙いのチヌではないことも。釣りの醍醐味というのは、この仕掛けで、この餌でという自分の狙い通りにいくことでしょうか。狙いがぴたりとはまった時はなんともいえない達成感、爽快感があります。

チヌ釣りにおいては、餌釣りではなくチヌ用のルアー、いわゆるチニングもあります。
私はチヌ釣りと言えばもっぱら餌の方ですが、私の友達はチニングばかりです。

チニングの場合、タックルの中でも特にルアー選びが重要になるそうですが、友達曰く、オサムズファクトリーのホップコーンがおすすめのチニングルアーだそうです。

また、友達と行きくだらない話や海を眺めながら食べるご飯もまた、釣りの魅力ではないでしょうか。最近は、津波対策でテトラポットが置かれたり工事がされて釣りができる場所も昔に比べ少なくなってきたのですが、それでもまだまだチヌとの戦いに闘志を燃やす日々です。