豊かな自然の中で魚との真剣勝負~渓流釣りの魅力~

豊かな自然の中で魚との真剣勝負~渓流釣りの魅力~

釣りをやったことがない方、海釣りの経験はあるが渓流釣りはまだ手を出したことがないという方。

この記事を読んで、少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

渓流釣りの概要

渓流釣りで狙える魚種は、地方によってばらつきはありますが、イワナ・ヤマメ・アマゴ・ニジマスなどのいわゆるトラウトって言われているものです。

これらの魚が生息する流域は中上流域~源流までで、魚種によって棲み分けられています。

釣り方としては、スプーンなどのルアー釣り、毛ばりを使ったフライフィッシング、フライと似てますが、同様に毛ばりを使った日本伝統の漁法のテンカラ釣り、それから生き餌を使った脈釣りです。

いずれにしろ、日本のほとんどの川において、渓流釣りをする場合は遊漁券を購入する必要があります。

渓流釣りってこんな感じ

ぼくの場合、上流~源流域の餌釣りが好きなので、どんな感じの釣りなのかを紹介します。

釣りに行く川は本当に山奥です。川へ降りるのにケモノ道を歩かなければいけないし、崖を下ったりします。

そこまで上流に行かなくても渓流魚は釣れるんですが、下流になるほど外道のハヤとかが釣れてしまいますし、そしてなによりも、山の奥深くの森林に囲まれた渓流はすごく綺麗で癒されます。

渓流魚は人の姿や気配を感じると隠れてエサを食べませんので、足音を忍ばせて岩の後ろに隠れながら釣ったりします。

当たりは明確で、その引きの強さは強烈です。

さすがサケ科の魚なだけあり、塩焼きなどにして食べると、身は淡白ながら皮に程よい油と香ばしさがあり、最高においしいです。

おわりに

渓流釣りをやっとことがない方、少しはイメージがしやすくなったでしょうか?

この釣りの醍醐味は、大自然の中でゆっくりとした時間を過ごせることと、

釣り味と食味満点の美しい渓流魚に出会えることです。

ただし、渓流は登山に近いので二人以上の釣行をお勧めします。