高知県におけるアオリイカのエギング釣りのポイントについて

高知県におけるアオリイカのエギング釣りのポイントについて

高知県においてはアオリイカ釣りはエギングより活きアジで狙う釣り人が多く、他県と比べエギング人口の割合は少ないと思います。

そんな高知県のエギングポイントの概要を紹介します。

スポンサーリンク

高知県東部

高知県の東部は海岸線が砂浜やゴロタ石の浜が多く、変化に富んだ地形ではありません。

手結あたりから室戸岬周辺までの堤防がポイントとなります。

東部はエギング釣りの釣り人は少なく穴場的存在ですが、場所移動するにも車で中途半端に移動しなければならないのであまり一般的ではありません。

高知県中部

中部は高知新港から須崎までです。

一番数が出るのが宇佐地区ですが、この地区は特に活きアジでアオリイカを狙う人が多く、ベストシーズンにはどの堤防にも活きアジで狙う釣り人がいるくらいです。

その為、エギングには不利です。

宇佐地区最高のポイントは渡船で渡る一文字堤防ですがここも同様エギングには不利です。

高知新港や浦戸湾周辺も狙えますが、宇佐地区同様活きアジでのアオリイカ狙いが多く、さらにエギング人口も多いことからエギングで釣れる確率は下がります。

一番確率が高いのは須崎地区の野見湾です。

ボートエギングならボーズなしと言われるくらいですが、免許が必要で料金も高いことから一般エギンガーは堤防からの釣りになります。

湾内の堤防ならどこでもOKですし、湾内なので地磯からも狙えます。

高知県西部

西部は久礼から宿毛あたりまでです。久礼は西のエギングのメッカと言われるくらい釣り人が多いです。

ポイントも広くベストシーズンにはびっくりするくらいエギンガーが多く来ます。

西部での最高ポイントは土佐佐賀あたりから宿毛までです。

海岸はリアス式海岸で磯状になっており、小さい港が沢山あり、ここぞと言うポイントが至る所にあります。

高知市から車で2時間~4時間ほどかかるため、地元エギンガーが多く、釣り場も広大にあるため、有名ポイント以外は無人状態という堤防も沢山あります。

狙うなら高知県西部です。制覇しようと思えば1週間以上かかります。

まとめ

高知県のエギングのベストシーズンは春は4月~5月、秋は10月~11月で一般的言われるような春は大型、秋は小型の定義があまり当てはまりません。

水温が高い為、産卵が一定していないようです。

春でも200グラムほどの小型が釣れるし、秋でも2キロ以上の大物が釣れます。つまり1年中狙えるわけです。

特に西部では5キロオーバーの巨大アオリイカも釣れています。3キロオーバーはザラです。

未開のような堤防も沢山あり、イカの墨が付いていなくても狙ってみたら釣れたという事は多々あります。

エギングフィッシングビデオの撮影などでは高知県西部で行われることがあるように、高知県ベストポイントは西部地区です。