冬は茨城県の霞ヶ浦でワカサギ釣り

冬は茨城県の霞ヶ浦でワカサギ釣り

冬になると、茨城県の霞ヶ浦ではワカサギ釣りが盛んです。

釣っていい時期と釣ってはいけない時期がありますので、解禁日をあらかじめ調べておく必要があります。
およそ7月から12月の間が解禁になります。

スポンサーリンク

ワカサギの釣り方

釣り方で一番簡単なのがさびき釣りです。
針に赤虫を付けて釣ります。

霞ヶ浦は電車で土浦駅からタクシーですぐという立地もあり、電車で釣りに来ている方々も多く見受けます。 アクセスしやすいので、非常に良い釣り場です。

おススメのエサ

赤虫は生きているものを使う方が多いと思うのですが、高いですし、釣りに行く日に釣具店へ行って買わなければならず、手間がかかります。
そこで私は、海水魚や淡水魚などが売られているお店へ行き、冷凍赤虫を事前に購入しておきます。 釣りの際は、必要な分だけキューブを取り出し、紙コップなどに水を入れて解凍すれば使えます。
この方法でも十分釣ることができますので、おススメです。

あと、寒い冬の釣りはエコで暖かい座布団があるとお尻が冷えなくてかなりおススメです。
特に車の中で仮眠する時は腰の下に暖かい座布団を敷くと体の芯まで温まります!
ただ、仮眠のつもりが爆睡になってしまいますが(苦笑)

まとめ

霞ヶ浦は整備された岸が多く、ファミリーで行っても危なくありませんので、家族で出かけるのにもおススメのフィッシングスポットです。