初めてのシーバス釣りで60センチのスズキをゲット!

初めてのシーバス釣りで60センチのスズキをゲット!

主人のルアー釣り好きが影響して、ルアー釣りデビューをしました。

茨城県の涸沼でルアーを使ったシーバス釣りです。

夜釣りで行ったのですが、やはり周りは男性ばかりでした。

一応干潮満潮を調べてから行ったのですが、涸沼はどういう訳か、干潮時間にも関わらず水がたっぷり。

ここでは通常の干潮満潮のセオリーは通用しないようです。

この日は月明かりが綺麗な夏の夜でした。

ボラの活性も高く、そこらじゅうでボラのザワザワした水音が聞こえていました。

ウェーディングでの釣りでしたが、まだ不慣れだったため、ひざの辺りまでしか浸かることができませんでした。

それでもなんとかスズキのいそうなところへルアーを投げ、ゆっくり巻いていました。

ルアーは沈むタイプのもので、それを着水したあと少し浮かせて巻けるよう、練習を兼ねて何度も何度も竿を振りました。

ちょうど1時間くらい練習したあたりで、たまたま近くの杭のあたりでボラがジャブジャブ騒いでいました。

もしかしたらスズキに追いかけられているのかもしれないと思い、ひっかかるのを覚悟で杭の方へ投げました。

1時間の練習の成果なのか偶然なのか、杭には当たらず、思ったところへ投げることが出来ました。

ルアーが着水し、少ししてから巻いたとたん「ググン!」というアタリが来ました。

直感で竿を2度思い切り引き、糸がたるまないよう様子を見ながらリールを巻いていたところ、主人が、音と私の異変に気が付いて駆けつけてくれました。

近くまで寄せたはいいものの、そのあとどのように魚を引き上げたらいいか、どのように魚を外したらいいかわからなかったため、網へ入れたり魚を外す作業は主人に行ってもらいました。

釣ったスズキを計測すると、58センチありました。

初めてのルアーで、初めての涸沼で、開始一時間で釣り上げることが出来ました。

もしかしたらスズキの神様が「女性の釣り人に良い思い出を」と、手を差し伸べてくれたのかもしれないと思います。

とても良いデビューとなりました。