家族でも楽しめるアジ釣り

家族でも楽しめるアジ釣り

ここでは日本人の大好きなアジの釣り方を紹介します。

アジは日本中どこでも釣れるし(北海道ではわかりませんが)漁師さんが巻き網漁船でも大量に獲るわけで、私達日本人にとってポピュラーな魚と言えます。

主に産卵の時期になったら脂のりが抜群で、私の住んでいるところでは5~6月頃になると湾内に入ってきて、家族での釣りを楽しめる時期といえます。

私の釣り方は、サビキ釣りとフカセ釣りを行います。もちろん数を釣ろうと思えばサビキ釣りが適していて、号数は9~10号くらいのサビキとジャンボ(沖アミ)と重りを準備します。

遠投した方が大きいサイズが出る事があるので、大きいウキ(私の場合はコスモス4号)を使用します。

フカセ釣りの場合は1匹ずつしか釣れないんですが、私の場合、他の狙いの魚の外道がアジというわけです。その場合ですが基本的にアジの口は柔らかくてすぐ切れます。ですので針に掛かっても簡単に針がハズレてしまうのです。合わせる(シャクリとも言います)やり方もチカラいっぱいやると上手くかからないので、ゆっくり合わせます。あとはご自身でしゃくる加減を微調整するという事です。

アジは南蛮漬けに刺身に塩焼きに干物にと私達に愛されている魚です。

アジ釣りもぜひ楽しんで下さいね。

 当サイトおすすめ記事はこちら 

チヌを釣る方法は餌釣りとチニングがあります