私が使うグレ釣り仕掛け

私が使うグレ釣り仕掛け

タイトルの通り私はグレ釣りを主に楽しんでいます。ちなみに私は日本海側に住んでいるわけですが、ここ近年は特に3月、4月、8月を除いてほぼグレシーズンです。

温暖化のせいかここ近年は私の主戦場では尾長グレが増えています。(グレ釣り師の中では最強のグレです)もうひとつ、口太ぐれもいます。

私の仕掛けは主にフカセ釣りをしていますが、季節によってはタルカゴ仕掛けをするときもあります。タルカゴ仕掛けをする時は、ヒラマサや真鯛が狙える時期なんです。要はグレ、真鯛、ヒラマサがいつ、どれが針に掛かってもいいような仕掛けというような感じです。(あくまで私の感覚です。)タルカゴをする時は道糸5号にハリスは5号以上の太さを準備しているわけですが、この仕掛けに大物グレがくらいつく時がまあまああるんです。

しかしながら本当のグレ釣り師は細仕掛け(フカセ釣りで竿は1号で道糸は1.5号から2号でハリスは1.5号から2号くらい)の仕掛けで臨まれているんです。なぜなら細仕掛けの方がよりスリリングなグレ釣りが楽しめるからなんです。実は私もこの細仕掛けで50センチオーバーを釣った事が一度だけあります。釣った時は体が震えましたよ。よくこの細仕掛けで釣れたなと。自分でもビックリでした。

グレは釣れない時はどんな仕掛けでもパッタリ釣れないものだし、地合いがきたら例え太い仕掛けでも釣れます。特に磯つりを好むみなさん、安全に気をつけてグレ釣りを楽しみましょう。

 当サイトおすすめ記事はこちら 

チヌを釣る方法は餌釣りとチニングがあります