魚釣りにもシーズンがあります!~四季折々の魚釣り~

魚釣りにもシーズンがあります!~四季折々の魚釣り~

1日本には四季(春、夏、秋、冬)があり気温、水温とも変化していきます。ここでは季節ごとに釣れる魚釣りについて簡単に説明します。

私は日本海側に住んでいますので日本海での釣りに関して書きます。

まず日本列島を対馬海流と黒潮が流れています。(間違っていたらゴメンなさいね)

特にかつお、マグロなどはこの海流にそって移動していきます。私の聞いた話では、この海流にのるポイント(釣り場)では良く魚が釣れて大物が出る確率が高くなります。これは海釣り(船釣り)の話でした。

さあ続いて私の本職の磯釣りの話です。

前述の通り季節によって釣れる魚が変わっていきます。魚は産卵の時期になると湾の中に入ってきたりします。産卵に適した場所ということですね。その時期に釣れる魚といえば、春でいうと(チヌ・鯛)ですね。この時期はお腹に子をもっていてお腹がパンパンです!

春~夏にかけては(イサキ・クロ・アジ)です。クロは梅雨グレといって脂のりも抜群でして、主にフカセ釣り、タル釣りで狙います。アジなんかは波止からでも大物が狙えます。サビキの9~10号程度で30センチ~40センチ級が狙えます。

真夏は夏枯れといってあまり釣れません。

秋は魚釣りの真っ只中。クロ、カワハギ、ヒラマサ、はまちなどが特に狙えます。特に10~11月はヒラマサです。ヒラマサの引きは半端じゃないんです。ちなみに道糸は4~5号は最低でも備えましょう。

冬はメバル(灘メバル)にクロですね。寒いので防寒、防水対策は必須です。

私は主にクロエ釣りを主にしているんですがはっきりいってほぼ一年中釣れますね。

一年を通して色々な魚釣りを楽しめるのは日本の良いところで、色々な魚の味を楽しめるのはすんごい幸せなことです。

簡単に書きましたが魚釣りの参考になれば幸いです。ありがとうございました。